Go to Contents Go to Navigation

北朝鮮に射殺された男性の息子 文大統領に手紙=「国は何をしたのか」

記事一覧 2020.10.06 09:53

【ソウル聯合ニュース】北朝鮮軍に海上で射殺された韓国海洋水産部所属の公務員男性の息子が文在寅(ムン・ジェイン)大統領宛ての手紙で、父は越境していないと主張し、名誉の回復を求めた。

男性の遺体を捜索する警備艦=3日、仁川(聯合ニュース)

 男性の兄が息子の手紙をメディアに公開した。

 息子は高校2年。手紙では「180センチの身長に68キロしかない細身の父が38キロの距離を、しかも潮流に逆らって泳いだというのが本当に腑に落ちると考えているのか聞きたい」と指摘した。

 また、「父は私の学校に来て職業の紹介をするほど、仕事への自負心が高かった」として、複数にわたって表彰を受けるほど真面目だったと強調。「私たち家族はいかなる証拠も見たことがなく、(父が自ら越境したとの政府の)発表を信じられない」とし、「北側の海域で見つかったという人が私の父という事実も認められないが、国は説得力のない理由だけを証拠だと話している」と批判した。

 その上で、「私たちが受けているこの苦痛の主人公が大統領の子どもだとしても今のように振る舞えるか」として、「遺体すら探せない現状況を誰がつくり、父が残忍に殺されたときにこの国は何をしていたのか、なぜ父を守れなかったのか問いかけたい」と書き込んだ。

息子の手紙(男性の兄提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

kimchiboxs@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。