Go to Contents Go to Navigation

SKハイニックス 超高速DRAMを世界初公開=来年販売へ

IT・科学 2020.10.06 11:51

【ソウル聯合ニュース】韓国半導体大手、SKハイニックスは6日、これまでのDRAM(半導体メモリー)よりデータ転送速度を最大1.8倍向上させた「DDR5」を世界初公開した。

SKハイニックスが世界初公開した「DDR5」(同社提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 同社は2018年11月に16ギガビットのDDR5を世界で初めて開発した後、米インテルなど主なパートナー企業にサンプルを提供し、さまざまなテストや動作検証、互換性の検証などを終えたという。

 DDR5は次世代DRAMの規格で、ビッグデータ、人工知能(AI)、機械学習(マシンラーニング)などに最適化された超高速、高容量製品。半導体技術協会(JEDEC)が今年7月にDDR5の標準規格を発表してから、SKハイニックスが初めて発売計画を公開した。

 DDR5は転送速度が4800~5600メガビット(Mbps)と、現在販売されているDDR4の3200Mbpsに比べ最大1.8倍速くなった。

 5600Mbpsは、フルHDの映画(5GB)約9本を1秒で転送できる速度だ。

 一方で動作電圧は1.2Vから1.1Vに下がり、消費電力を20%削減できる。

 SKハイニックスは、来年7~9月期からDDR5を販売できると見込んでいる。

 同社の呉鐘勲(オ・ジョンフン)副社長は「DDR5を世界で初めて発表し、DRAM市場で未来技術をリードすることになった」とし、「急速に成長するプレミアムサーバー市場を集中攻略し、リーディングカンパニーとしての地位を固めたい」と述べた。

ynhrm@yna.co.kr

ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。