Go to Contents Go to Navigation

北朝鮮で次々と党創建75年記念行事 お祝いムード盛り上げ

記事一覧 2020.10.07 10:16

【ソウル聯合ニュース】10日に朝鮮労働党創建75周年を控える北朝鮮で、平壌を中心にさまざまな行事が催されている。国際社会による制裁、新型コロナウイルス、水害の三重苦にあえぐ中でも、75年という区切りの記念日を盛大に祝うことで体制の堅固さをアピールしたい思惑が透ける。

朝鮮中央通信は6日、党創建75周年を記念する国家美術展覧会「勝利と栄光の75年」が開幕したと伝えた=(朝鮮中央通信=聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 朝鮮中央通信は7日、「党創建75周年を人民全体の慶事として盛大に慶祝する感激と歓喜が国中に満ちあふれる中、首都平壌では照明祝典『光の調和―2020』が6日に幕を開けた」と伝えた。平壌第1百貨店の外壁に大型映像を映し出している。党創建75周年を示す数字のほか、先の台風や大雨で被害を受けた住宅の復旧事業についても伝えている。

 5日に平壌に到着した地方の代表もこれを観覧したという。北朝鮮では重要な行事に各地方から招いた幹部や模範住民が出席することがある。

 平壌ではまた、職業総同盟、農業勤労者同盟の各芸術宣伝隊がそれぞれ公演を行った。

 朝鮮切手博物館は「偉大なる嚮導、百戦百勝の75年」をテーマに約1000種の切手を展示した。党創建を記念した国家美術展覧会、中央産業美術展示会も開かれた。

 この先も記念行事は続き、当日には閲兵式(軍事パレード)が実施される見通しだ。

mgk1202@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。