Go to Contents Go to Navigation

北朝鮮メディアの対韓国非難 昨年981件に急増

記事一覧 2020.10.08 09:53

【ソウル聯合ニュース】北朝鮮の対外宣伝メディアによる韓国非難は2019年に981件と、前年の6.5倍に増えたことが分かった。今年も600件に上るが、7月以降は大きく減った。韓国国会外交統一委員会の所属議員が統一部の資料を基に伝えた。

北朝鮮の韓国向け宣伝用ウェブサイト「わが民族同士」=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 朝鮮労働党機関紙の労働新聞、朝鮮中央通信、わが民族同士の3メディアは18年以降、計1733件の記事などを通じて韓国を非難した。月平均51件、1日平均1.7件の計算だ。

 18年は152件だったが、19年は981件に急増した。

 今年は10月7日までで600件となっている。このうち6月が239件で最も多い。このころ、北朝鮮は韓国の脱北者団体が北朝鮮非難のビラを散布することに強く反発し、北朝鮮・開城の南北共同連絡事務所を爆破している。

 7月以降は月10件以下に減った。北朝鮮軍が9月に黄海で韓国の公務員男性を射殺した事件に関して韓国を非難したのは、同月27日付朝鮮中央通信の報道が唯一だ。

mgk1202@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。