Go to Contents Go to Navigation

日本の汚染水海洋放出に備え対応模索 韓国政府

記事一覧 2020.10.08 17:22

【ソウル聯合ニュース】韓国政府は8日、日本政府が東京電力福島第1原発で発生した汚染水の海洋放出を検討していることについて、国民の安全を最優先とし、積極的に対応する方針を明らかにした。

国務調整室の具潤哲室長=(聯合ニュース)

 首相補佐機関、国務調整室の具潤哲(ク・ユンチョル)室長の主宰で汚染水の海洋放出に備えるタスクフォース(TF、作業部会)関係次官会議を開き、対応策を模索した。

 日本が海洋放出を決める場合、透明な情報公開や国際社会との協議などを求める方針だ。

 具室長は「国民の健康と安全を最優先とし、汚染水による環境的な危害を最小化できるよう、政府レベルで積極的に対応する」と強調した。

 日本政府は汚染水の処理方法を巡って、海に流すことを有力案として検討している。

kimchiboxs@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。