Go to Contents Go to Navigation

韓国・蔚山の高層ビル火災 90人超搬送も死者なし

記事一覧 2020.10.09 16:15

【蔚山聯合ニュース】韓国南東部・蔚山の複合高層ビルで8日深夜に発生した大規模な火災は、発生から15時間半以上たった9日午後に完全な鎮火が確認された。煙を吸い込むなどして住民ら93人が病院に搬送され、うち3人が重傷を負ったものの、死者はなかった。

消火活動を行うヘリコプター=9日、蔚山(聯合ニュース)

 現場はマンション(127世帯)と商業施設が入るビルで、地下2階、地上33階建て。約380人が暮らしていた。

 蔚山では8日午前7時から強風注意報が発令されており、火は強風にあおられて、建物全体に広がった。

 火災発生後、近隣の住民を含め数百人が避難するなど現場は混乱を極めた。

 15階、28階、屋上に設置された避難場所に逃げ込んだ住民77人は無事救助された。

 消防隊員930人を含む約1000人が消火にあたり、この日朝にはヘリコプターも投じられた。

 消防当局によると、建物の外壁には防振材などをアルミニウム板で挟んだパネルが使われていたという。防振材に使われる樹脂が可燃性であることに加え、アルミニウム板を化学製品で着色していたため、一気に燃え広がった可能性がある。

 蔚山地方警察庁は約40人で構成された捜査チームを設置し火災の原因などを調べる方針だ。

炎に包まれる高層ビル(読者提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

yugiri@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。