Go to Contents Go to Navigation

金正恩氏 韓国に融和的なメッセージ=米国には言及せず

記事一覧 2020.10.10 20:40

【ソウル聯合ニュース】北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長(朝鮮労働党委員長)は10日、党創建75周年の閲兵式(軍事パレード)で演説し、「戦争の抑止力を引き続き強化していく」としながらも、これを乱用したり先に行使したりはしないと述べた。

軍事パレードに登場した金正恩委員長(朝鮮中央テレビから)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 誰かを想定して抑止力を高めているわけではなく、自らを守るためと説明した。ただ、いかなる勢力であれ、北朝鮮の安全を脅かせば、「最も強い攻撃的な力で懲らしめる」と強調した。

 この日の演説で米国に言及しなかったが、米国の脅威に対抗するため、自衛的な抑止力を強化していく意思を改めて強調したと受け止められる。

 金委員長は「愛する南(韓国)の同胞が(新型コロナウイルスの)保健危機を克服し、固く手を握り合うことを願う」と、韓国に対し融和的なメッセージを送った。

 北朝鮮住民には「年初から予期せぬ挑戦と障害で大変だった」とし、「ひどくて長期的な制裁のためすべてが足りない状況の中でも防疫作業もし、自然災害も復旧しなければならない難関に直面したのはわが国しかいない」と強調。その上で「一人の悪性ウイルス被害者(新型コロナ感染者)もおらず、みんなが元気にいてくれて本当に感謝する」と話した。

 軍事パレードはこの日午前0時から平壌市内の金日成広場で行われ、朝鮮中央テレビは同午後7時から録画中継した。

csi@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。