Go to Contents Go to Navigation

北朝鮮が軍事パレードで新型ICBMを誇示 性能向上か

記事一覧 2020.10.10 22:11

【ソウル聯合ニュース】北朝鮮は10日、朝鮮労働党創建75周年の閲兵式(軍事パレード)で、米国本土を射程に収める新型の大陸間弾道ミサイル(ICBM)を公開した。

新型ICBMを公開

 朝鮮中央テレビがこの日午後に録画中継した軍事パレードの最後に、片側11輪の移動式発射台(TEL)に載せられた新型ICBMが登場した。

 北朝鮮が最後に開発したICBM「火星15」は片側9輪の移動式発射台に載せられていたことなどから、ミサイルの全長が長くなった上に直径が大きくなり、飛距離が伸びたと推定される。

 今回公開された新型ICBMの全長は火星15より2~3メートル長い23~24メートルで、直径も大きくなったとみられる。

 韓国軍当局は火星15の飛距離を1万3000キロと推定しているが、新型ICBMはこれを上回るとみられる。

 ミサイルの弾頭部分も長くなり、複数の弾頭を搭載できる多弾頭型なのか注目される。 

 北朝鮮はまた、「北極星4」と書かれた新型の潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)も公開した。

新型ICBMが登場

csi@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。