Go to Contents Go to Navigation

新型コロナ対策強化でインフル患者数も減少 韓国研究結果

記事一覧 2020.10.12 11:14

【ソウル聯合ニュース】韓国で新型コロナウイルス対策の防疫と衛生管理が強化された期間に、インフルエンザの患者数が前年に比べて減ったことが分かった。盆唐ソウル大病院のチームが12日までに研究内容をまとめた。

この冬はインフルエンザと新型コロナウイルスの同時流行が懸念されている。手洗いなどの感染予防や運動習慣による免疫力向上が必要だという(コラージュ)=(聯合ニュースTV)

 研究結果によると、2019年から20年にかけてのインフルエンザ流行は19年11月から20年4月までの20週にわたった。17~18年、18~19年に比べると6~12週短い。

 また、韓国国内で今年、新型コロナウイルスの感染者が初めて確認されて以降のインフルエンザによる入院患者は3232人で、17~18年の流行時に比べ52.7%減少した。特に政府の新型コロナ防疫対策「社会的距離の確保」が実施された期間にはインフルエンザ入院患者が161人にとどまった。前の2年の同期間から最大96.2%減った。

 こうした患者数の減少はインフルエンザだけでなく、RSウイルスやアデノウイルス、パラインフルエンザウイルスなど疾病管理庁が注視するウイルス性呼吸器感染症の全てでみられたという。

mgk1202@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。