Go to Contents Go to Navigation

「社会的距離の確保」レベル引き下げ 文大統領「防疫緩和の懸け橋に」

記事一覧 2020.10.12 17:10

【ソウル聯合ニュース】韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は12日、青瓦台(大統領府)で開かれた首席秘書官・補佐官会議で、新型コロナウイルスの防疫対策「社会的距離の確保」のレベルが全国で現行の第2段階から第1段階に引き下げられたことに関連し、「今回の措置が持続的な防疫緩和につながる懸け橋となるよう、並々ならぬ覚悟で臨む」との立場を表明した。

首席秘書官・補佐官会議で発言する文大統領=12日、ソウル(聯合ニュース)

 文大統領は、今回の防疫緩和措置はコロナを防疫によって抑え込めるという自信に基づくものだと述べた上で、経済の困難と国民の疲労度を総合的に考慮したと説明。防疫の緩和が経済回復のきっかけになることを願うと述べた。

 これまでの防疫の成果については「一時わが国は世界で2番目に感染者が多い国だったが、成功裏に克服してきた。秋夕(中秋節)の連休という山場もうまく越えた」として「すべて国民のおかげだ」と評価した。

 また、世界で1日当たりの新規感染者数が最多を更新している中、韓国は例外的な成果を上げ、国の地位が高まっていると述べた。

 一方で「心配がないとは言えない。一瞬の油断が取り返しのつかない感染拡大へとつながる可能性があることを何度も経験した」として、防疫規則を順守するよう求めた。

ynhrm@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。