Go to Contents Go to Navigation

新型コロナウイルス「皮膚の上で9時間生存」 韓国当局が注意喚起

記事一覧 2020.10.12 17:31

【ソウル聯合ニュース】韓国政府の中央防疫対策本部の鄭銀敬(チョン・ウンギョン)本部長は12日の定例会見で、新型コロナウイルスが皮膚の上で約9時間生存したとの研究結果を引用し、手洗いと消毒の重要性を改めて強調した。

鄭銀敬本部長(右、資料写真)=(聯合ニュース)

 鄭氏は、新型コロナウイルスが携帯電話の液晶などのガラスや紙幣の表面で最長28日間生存するというオーストラリア疾病予防センター(ACDP)の研究結果に関する質問に対して「飛沫を通じて分泌されたウイルスに汚染された場合、一定時間ウイルスが検出される可能性がある」と述べ、人の手が多く触れるドアノブや机、キーボード、携帯電話などの表面をアルコールなどの消毒剤でこまめに消毒するよう呼びかけた。

ynhrm@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。