Go to Contents Go to Navigation

ソウル市が集会制限の人数緩和 都心は禁止維持

記事一覧 2020.10.12 18:25

【ソウル聯合ニュース】新型コロナウイルスの防疫対策として韓国・ソウル市の全域で禁止されていた集会の規模が12日より10人以上から100人以上に緩和された。ただ100人未満であっても、防疫規則を順守する必要があり、都心での集会禁止は維持される。ソウル市が発表した。

正しいマスクの付け方を示した図(イラスト)=(聯合ニュース)

 参加人数が100人未満であっても、体温測定、名簿作成、マスク着用、2メートル以上の距離の確保など7項目の防疫規則を守らなければならない。

 ソウル市は8月21日からソウル全域で10人以上が集まる集会を禁止している。これとは別に今年2月から光化門広場など都心のいくつかの場所を集会禁止区域に指定している。

 また新型コロナの防疫対策「社会的距離の確保」のレベルが最も低い第1段階に緩和されたが、ソウル市が8月24日から実施している屋内外におけるマスク着用の義務化については延長される。当初は第2段階を維持している間の措置としていた。

 またマスク着用命令の違反者に10万ウォン(約9000円)の過料などを科す条項を盛り込んだ改正感染症予防法が13日から施行されることを受け、ソウル市は周知期間を経て11月13日から違反者に罰則を科す方針だ。

 市は特に集団感染が懸念される施設に対する集中的な点検を通じ、マスク着用の実態を確認することにした。

yugiri@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。