Go to Contents Go to Navigation

BTSの兵役延期か 韓国当局が法改正推進

記事一覧 2020.10.13 12:02

【ソウル聯合ニュース】韓国の兵務庁は13日、国会国防委員会による国政監査のための業務報告資料で、大衆芸能優秀者の徴集の延期などを柱とする兵役法の改正を進めているとして、今月中に改正案を国会に提出する方針を明らかにした。韓国歌手として初めて米ビルボードのメインシングルチャート「ホット100」で1位を獲得した7人組男性グループBTS(防弾少年団)のメンバーが望む場合は兵役の延期が可能になる見通しだ。

BTSのオンラインコンサート(所属事務所提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 与党「共に民主党」の田溶冀(チョン・ヨンギ)国会議員は先月、文化体育観光部長官が国威発揚に寄与したとして推薦した大衆芸能のアーティストの兵役時期を遅らせるなどの内容を盛り込んだ兵役法改正案を代表発議した。これに対し、兵務庁は「大衆文化芸術活動を保障し、国家イメージを高める趣旨」と説明した。

 改正案が成立すれば、BTSメンバーの兵役免除は認められないが、延期は可能になる。

 徐旭(ソ・ウク)国防部長官はBTSメンバーの兵役問題について、「社会的なコンセンサスが形成されなければならないが、現在の判断としては兵役の特例(免除)は考慮していない」として、「活動期間などを考慮し、延期などを検討していくことは意味があると判断している」と答弁した。

 現行の兵役法によると、▼五輪3位以上の入賞者▼アジア大会1位の入賞者▼国際芸術コンクール2位以上の入賞者▼国内芸術コンクール1位の入賞者――らは芸術・体育要員とされ、4週間の基礎軍事訓練を受けた後、民間で活動を続けられる。一定期間の特技奉仕活動の義務があるが、軍生活をしないため、事実上の兵役免除措置となる。

kimchiboxs@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。