Go to Contents Go to Navigation

親の子どもへの体罰禁止 懲戒権削除の民法改正案を閣議決定=韓国

記事一覧 2020.10.13 14:36

【ソウル聯合ニュース】韓国法務部は13日、親による子どもへの体罰を原則的に禁じる内容の民法改正案を政府が同日に閣議決定したことを明らかにした。16日に国会に提出する。

体罰(イラスト)=(聯合ニュース)

 民法第915条は、親権者が子どもの保護または教養のため必要な「懲戒」を与えることができると規定しており、親の体罰を合法化する根拠規定と誤認されてきた。改正案では、この懲戒権の条項を削除した。民法改正により児童虐待に対する社会的意識が高まるものと、法務部は期待を示している。

 閣議では、家庭内暴力犯罪への対応と処罰、被害者の保護を強化する方向で改正された家庭暴力犯罪処罰特例法の公布案も決定された。改正法は来年1月21日に施行される。

 施行後は家庭内暴力の現場に出動した警察が捜査に着手する場合、刑事訴訟法に基づく現行犯逮捕が可能になる。家庭内暴力犯罪に住居侵入と不退去罪も追加し、処罰の範囲を広げた。

 また、家庭内暴力の加害者が接近禁止などの措置に違反した場合の処罰を現行の過料よりも強化し、1年以下の懲役か1000万ウォン(約90万円)以下の罰金、または拘留に処すとした。

tnak51@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。