Go to Contents Go to Navigation

北朝鮮が軍部再編 ミサイル部隊率いる戦略軍司令官など交代

記事一覧 2020.10.14 13:50

【ソウル聯合ニュース】北朝鮮が、ミサイル部隊を率いる朝鮮人民軍戦略軍司令官を金政吉(キム・ジョンギル)上将(星三つ)に交代したことが14日、分かった。軍序列4位に当たり軍事作戦を統括する総参謀部第1副総参謀長兼作戦総局長には、方斗燮(パン・ドゥソプ)大将(星四つ)が任命されたようだ。

北朝鮮の朝鮮人民軍の戦略軍司令官が、金政吉上将に交代したことが確認された。朝鮮中央テレビが10日に報じた軍事パレードの映像では、同氏が戦略軍の縦隊を率いた(朝鮮中央テレビより)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 北朝鮮の朝鮮中央テレビが中継した朝鮮労働党創建75年を祝う閲兵式(軍事パレード)の映像で、アナウンサーは戦略軍の縦隊を紹介する際に「司令官、金政吉上将が指揮する戦略軍縦隊」と述べ、戦略軍司令官が金洛兼(キム・ラクギョム)氏から金政吉氏に交代したことを明らかにした。

 金政吉氏は2015年に陸軍少将(星一つ)に進級した人物で、今年5月の党中央軍事委員会の拡大会議で上将に昇進した。前任者の金洛兼氏も同会議への出席を最後に姿を見せておらず、会議で交代人事が行われたとみられる。

 戦略軍は金正恩(キム・ジョンウン)体制下の14年に創設された朝鮮人民軍の組織。朝鮮人民軍は陸軍、海軍、戦略軍、航空・反航空(防空)軍の4軍体制を取っており、戦略軍は短・中・長距離ミサイル部隊を指揮・統制する。今回の軍事パレードで公開された米本土を狙える新型大陸間弾道ミサイル(ICBM)の開発も、戦略軍が担っている。

 朝鮮人民軍の将官以上の階級は元帥、次帥、大将、上将、中将、少将の6階級に分けられるが、戦略軍の新司令官の金政吉氏が5年で少将から上将にスピード昇進したのは、戦略軍がそれだけミサイル部門で成果を収めたためと分析される。

 また、軍事パレードでは第1副総参謀長兼作戦総局長だった朴秀逸(パク・スイル)氏が第1軍団の縦隊を率いて登場した。中央テレビは「第1軍団縦隊を軍団長の朴秀逸上将が率いている」と伝え、朴氏が再び野戦軍司令官に戻ったことを明らかにした。

 朴氏の後任には、党創建75年を迎え今月5日に大将に昇進した方斗燮氏が任命されたとみられる。

 軍団長だった方氏は、軍事パレードのひな壇で金秀吉(キム・スギル)軍総政治局長の画面向かって左隣に立った。作戦総局長は18年の軍事パレードでも総政治局長の隣に立っていた。作戦総局長は軍首脳部の総政治局長、総参謀長、人民武力相(国防相に相当)に次ぐ序列4位。

 方氏は15年に陸軍第2軍団長に任命され、17年4月に陸軍上将に昇級した。このほど第1副総参謀長兼作戦総局長に昇進し、大将の階級を得たとみられる。

 北朝鮮は昨年12月末と今年5月、7月に党中央軍事委員会の会議、8月に党政治局会議を開き、軍の人事を断行した。

北朝鮮の軍序列4位に当たる総参謀部第1副総参謀長兼作戦総局長に、方斗燮大将が任命されたようだ。朝鮮中央テレビの軍事パレードの映像で、方氏と推定される人物(赤い丸の囲み)がひな壇で軍序列1位の金秀吉・総政治局長の隣に立っている(朝鮮中央テレビより)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

tnak51@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。