Go to Contents Go to Navigation

北朝鮮に金正恩氏の名を冠した大学 国防科学技術者養成か

記事一覧 2020.10.14 14:34

【ソウル聯合ニュース】北朝鮮に「金正恩国防総合大学」という大学が存在することが分かった。朝鮮中央通信が10日の党創建75周年の閲兵式(軍事パレード)のニュースを伝える際、この大学名を挙げた。金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長(朝鮮労働党委員長)の名前を冠した大学が北朝鮮メディアの報道に登場するのは初めて。

朝鮮中央通信は党創建75周年の閲兵式が10日午前0時に開催されたと伝えた。笑顔で見守る金委員長(中央)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 故金日成(キム・イルソン)主席と故金正日(キム・ジョンイル)総書記の名前を取った大学は複数あるが、これまで「金正恩」とつく大学名が取り上げられたことはなかった。朝鮮中央通信は「数多くの国防科学技術の人材を輩出した金正恩国防総合大学」がパレードに参加したと伝えた。

 名称からすると、国防関連の先端科学技術に精通した人材を養成する軍事大学と推測される。専門家などは、かつて地方にあった国防大学とサイバー戦争に備えて平壌郊外に設立した美林国防大学を総合大学として統合したという見方を示している。

 金委員長は2012年の権力継承後、核や大陸間弾道ミサイル(ICBM)、潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)などの開発をはじめ、国防科学技術に大きな関心を注いできた。

 また、今回の軍事パレードの報道には「金正日軍政大学」も初めて登場した。朝鮮中央通信は「国の最高級軍事指揮官養成の中心拠点として名高い」と伝えた。

 軍将校は金日成軍事総合大学で養成し、高級将校については再教育の形で同大に2年制の課程を設けていた。一方、金正日軍政大学は連隊長やそれ以上の少数の高級将校を養成する機関と推定される。国防力を強化する狙いで別途に設立したとみられる。

 北朝鮮メディアによると、金委員長は5月の党中央軍事委員会の拡大会議で「重要な軍事教育機関の責任と役割を高めるための機構改編案に関する命令書」など七つの軍事案件に署名した。これを受けて軍事大学の再編が進められたと観測される。また、党は先ごろ軍政指導部を新設し、軍に対する指導力を強化した。

北朝鮮は10日、党創建75周年の閲兵式で新型ICBMを公開した(党機関紙の労働新聞ホームページから)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

mgk1202@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。