Go to Contents Go to Navigation

韓国慰安婦団体 少女像撤回要求の日本に謝罪促す

韓日関係 2020.10.14 15:06

【ソウル聯合ニュース】旧日本軍の慰安婦被害者を支援する韓国市民団体「日本軍性奴隷制問題解決のための正義記憶連帯」(正義連)は14日、ソウルの日本大使館前で開催した慰安婦問題解決を求める定例の「水曜集会」で、日本政府がドイツ・ベルリンに設置された慰安婦被害者を象徴する「平和の少女像」の撤去を要請したことに対し抗議したドイツと日本の市民に謝意を表明し、日本の謝罪を促した。

水曜集会の様子=14日、ソウル(聯合ニュース)

 正義連の李娜栄(イ・ナヨン)理事長は少女像について「普遍的な女性の人権の表象であり、平和と人権の価値を大切にする世界の市民の友だ」と述べた。

 少女像は韓国系市民団体「コリア協議会」の主導でベルリン・ミッテ区の道路沿いに設置された。日本政府の抗議を受け、区は像の撤去命令を出したが各界の反発やコリア協議会が裁判所に申し立てた撤去命令の効力停止仮処分申請などを受け、撤去を先送りした。

 一方、水曜集会の開催場所の近くでは自由連帯など日本による植民地時代の強制動員を否定する団体の記者会見が開かれた。これらの団体はこの日午後にソウルのドイツ大使館を訪れ、少女像撤去の強制執行を歓迎するとの内容の声明書を伝達する予定だ。

hjc@yna.co.kr

キーワード
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。