Go to Contents Go to Navigation

金正恩氏 台風被災地域を相次ぎ視察

記事一覧 2020.10.15 08:53

【ソウル聯合ニュース】北朝鮮の朝鮮労働党機関紙「労働新聞」は15日、金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長(党委員長)が東部の咸鏡南道新浦市など台風による被害を受けた地域の復旧現場を視察し、建設事業を指導したと報じた。北朝鮮メディアは14日、金委員長が鉛と亜鉛の代表的な産地である同道の検徳地区を視察したと伝えていた。

労働新聞は15日、金委員長が台風の復旧作業が行われている地域を視察したと報じた(同紙HPより)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 金委員長は復旧にあたっている首都党員師団などを激励。一方で、「一部地域で設計と建設工法を守らず、建設をずさんに行う破廉恥な建設法違反行為が提起された」として、厳しく対応する方針を明らかにした。

 咸鏡道は台風9号と10号が相次いで上陸し、大きな被害を受けた。

 視察には朴正天(パク・ジョンチョン)軍総参謀長や玄松月(ヒョン・ソンウォル)党宣伝扇動部副部長らが同行した。

kimchiboxs@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。