Go to Contents Go to Navigation

芸能人の兵役特例 法改正に賛成59%・反対31%=韓国世論調査

芸能・スポーツ 2020.10.15 13:50

【ソウル聯合ニュース】韓国の世論調査会社リアルメーターが15日に発表した調査結果によると、功績の著しい大衆芸能のアーティストを対象に兵役延期が可能な年齢を引き上げる法改正について、58.8%が「賛成」と回答した。「反対」は31.4%だった。 

韓国兵務庁は大衆文化芸術分野の優秀者の兵役延期などを柱とする兵役法改正を推進している(コラージュ)=(聯合ニュース)

 全ての年齢層、支持政党別で賛成が反対を上回った。ただ、20代(賛成54.4%)と70歳以上(同44.5%)では賛成する割合が比較的低かった。

 調査はメディア財団TBSの依頼を受け、14日に全国の18歳以上の500人を対象に実施された。

 兵務庁はこのほど、男性グループBTS(防弾少年団)のように功績が著しい大衆芸能のアーティストについて、兵役を延期できる年齢の上限を満30歳に引き上げることを検討していると明らかにした。現行の兵役法では満30歳まで延期できるのは大学・大学院生、司法修習生、スポーツ分野で功績のある者に限られている。

mgk1202@yna.co.kr

キーワード
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。