Go to Contents Go to Navigation

水素経済への転換に約740億円支援 「新たなチャンス」=韓国首相

経済 2020.10.15 15:20

【ソウル聯合ニュース】韓国の丁世均(チョン・セギュン)首相は15日に開かれた第2回の水素経済委員会で、「水素分野にはまだ確実な先頭走者がおらず、われわれも十分にファースト・ムーバー(先行者)になれる」として、約8000億ウォン(約740億円)の予算を支援する方針を明らかにした。

水素経済委員会に出席した丁首相(中央)=15日、ソウル(聯合ニュース)

 化石燃料ではなく、水素を利用したエネルギーを中心とする水素経済への転換を加速させるため、水素モビリティーや水素供給インフラ、水素技術開発、水素モデル都市の構築などを支援する方針だ。

 丁首相は昨年末に指定した4地域(蔚山、安山、全州・完州、三陟)の水素モデル都市の構築に本格着手し、都市構築を後押しするための水素都市法を制定する計画を表明。「水素自動車や充電所、燃料電池中核部品の国産化を通じ、産業育成と雇用創出などの波及効果の極大化を目指す」と強調した。

 また、「化石燃料から再生可能(エネルギー)への転換は避けられない時代的な流れで、資源が乏しい韓国にとっては新たなチャンス」とし、「文在寅(ムン・ジェイン)政権はグリーン・ニューディールを通じ、この機会を現実化していく」と述べた。

kimchiboxs@yna.co.kr

ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。