Go to Contents Go to Navigation

失業率3.6%に悪化 失業者は100万人に=韓国

経済 2020.10.16 09:41

【世宗聯合ニュース】韓国の統計庁が16日に発表した雇用動向によると、9月の失業率は3.6%で前年同月に比べ0.5ポイント悪化した。失業者数は前年同月比11万6000人増の100万人だった。増加幅は5月(13万3000人)以来の大きさ。

ソウル市内の雇用福祉施設に就職支援の説明を聞きに来た人々(資料写真)=(聯合ニュース)

 9月の就業者数は2701万2000人で、前年同月比39万2000人減少した。前年同月比の就業者数は3月から7カ月連続で減っている。減少幅は4月(47万6000人)をピークに縮小傾向だったが、9月は5月(39万2000人)以来4カ月ぶりの大幅な落ち込みとなった。8月以降、新型コロナウイルス感染が再拡大したことが響いた。

 統計庁は「感染再拡大の影響が9月にあらわれた。宿泊・飲食店業、教育サービス、卸・小売りなどを中心に就業者数が大きく減った」と説明した。

 15歳以上の就業率は60.3%で、前年同月比1.2ポイント低下した。9月としては2012年(60.2%)以来の低水準だった。

 実感に近い失業率とされる雇用補助指標は13.5%で、前年同月から2.7ポイント悪化した。若年層(15~29歳)は4.3ポイント悪化の25.4%だった。

失業者を対象にした就職支援説明会の様子(資料写真)=(聯合ニュース)

mgk1202@yna.co.kr

キーワード
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。