Go to Contents Go to Navigation

中国の軍艦 朝鮮半島近隣海域での活動増加=韓国

記事一覧 2020.10.16 14:45

【ソウル聯合ニュース】中国軍艦の朝鮮半島近隣海域での活動が顕著に増えていることが16日、韓国軍合同参謀本部の資料で明らかになった。

金敏基議員=(聯合ニュース)

 合同参謀本部が国会国防委員会に所属する与党「共に民主党」の金敏基(キム・ミンギ)議員に提出した資料によると、周辺国の軍艦が昨年、韓国の排他的経済水域(EEZ)の暫定等距離線を越えてきた回数は計約370回だった。このうち中国の軍艦による侵犯が計約290回で78%を占めた。

 ここ5年間に中国の軍艦がEEZの暫定等距離線を越えて朝鮮半島近隣に出現した回数は計約910回で、年度別では2016年と17年がそれぞれ約110回、18年が約230回、19年が約290回、今年は8月までで約170回だった。特に、17年の米最新鋭地上配備型迎撃システム「高高度防衛ミサイル(THAAD、サード)」の在韓米軍配備後は大幅に増えている。

 一方、日本の艦艇がEEZの暫定等距離線を侵犯した回数は、16年には2回だったが17年は約10回、18年と19年はそれぞれ約30回と増加し、ここ5年間で約80回を数えた。

 EEZは全ての資源に対し独占的な権利を行使できる水域で、国連海洋法条約によって自国の沿岸から200カイリ(約370キロメートル)までと定められている。

 韓国は日本、中国と一部重なる区域があり、漁業協定を結んで暫定水域(韓日共同管理水域、韓中暫定措置水域)を共同管理している。

 金議員は、中国の軍艦が韓国のEEZの境界線を越えてくる頻度が次第に増しているとし、「軍は韓国領海の侵犯に対しては迅速かつ断固として対応すべきだ」と指摘した。

tnak51@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。