Go to Contents Go to Navigation

韓米の特許当局トップがテレビ会談 AI政策巡り協力で一致

政治 2020.10.16 16:36

【ソウル聯合ニュース】韓国の金龍来(キム・ヨンレ)特許庁長は16日、米特許商標庁のイアンク長官とテレビ会談し、デジタル転換が加速する中で新たな協力方法を模索することで一致した。

テレビ会議の様子(特許庁提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 韓米の特許当局は、新型コロナウイルスの発生初期から出願人の救済措置を迅速に実施し、新型コロナのワクチン・治療薬に関する技術や特許動向を一般向けに公開するウェブサイトを設けるなど、発明家と企業の支援へ共に努力してきた。

 双方は会談で、人工知能(AI)や新技術の登場に伴う新たな形の知的財産保護のための政策協力に取り組むことで合意した。金氏は「デジタル経済へと急変する現状において、韓米がAIや新技術に関する議論を始めることは時宜にかなっている。デジタル転換時代をリードする知的財産ルールを提示できるよう、主要国と議論を広げていく」と説明した。

tnak51@yna.co.kr

キーワード
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。