Go to Contents Go to Navigation

学校の登校人数制限 19日から定員の3分の2に緩和=韓国

記事一覧 2020.10.18 10:05

【ソウル聯合ニュース】韓国で新型コロナウイルス対策として、全国の幼稚園と小中高校で実施されている登園・登校人数制限が現行の定員の3分の1以下(高校は3分の2以下)から19日以降は3分の2以下に緩和される。小学1年生は大部分の地域で毎日登校するようになる。

授業の準備を行うソウル市内の小学校の教師=16日、ソウル(聯合ニュース)

 中央災難(災害)安全対策本部が新型コロナウイルスの防疫対策「社会的距離の確保」のレベルを第2段階から第1段階に引き下げたことを受けた措置。教育部は1週間の準備期間を与えた。

 教育部は学力の格差拡大などにより登校拡大への要求が高かったことを踏まえ、登校制限の緩和を決めた。首都圏など密集度の高い学校には登校制限を厳格に適用するが、その他の地域では事情に合わせて柔軟に適用するという。首都圏以外の学校の大多数は全員が毎日登校できるようになる見通しだ。

 ソウル教育庁の場合、小学1年生は毎日、2~6年生は週2~4回登校できるようにする方針だ。

kimchiboxs@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。