Go to Contents Go to Navigation

ソウルに「外交タウン」発足 旅券センターなど入居=韓国政府

記事一覧 2020.10.19 13:37

【ソウル聯合ニュース】韓国外交部と政府系シンクタンクの国立外交院は19日、ソウル市瑞草区で「国民外交タウン」の発足式を開催した。

国民外交タウンの建物(国立外交院提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 発足式には康京和(カン・ギョンファ)外交部長官、金峻亨(キム・ジュニョン)国立外交院長をはじめ外交部、国立外交院、韓・アフリカ財団の関係者ら約60人が出席した。

 康氏はあいさつで「政策の実効性を担保するためには、政策の供給者である政府と政策の需要者である国民の間の絶え間ない意志疎通が何よりも重要だ」と述べた。

 また、国民とのコミュニケーションを通じて外交部を国民中心、国益中心の組織とするために最善を尽くすとし、今回の発足により外交部が国民に一歩近づくことになったと説明した。

 国民外交タウンは、瑞草区瑞草洞にある国立外交院と外交史料館、外交タウンの3カ所からなる「総合外交コミュニティー」で、旅券センターや領事コールセンターなどの施設も入居している。

 また、これらの施設では一般市民向けの講演や教育・研修プログラム、国民外交アカデミー、タウンホールミーティングなども行われる。

ynhrm@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。