Go to Contents Go to Navigation

韓国首相 ソウル市長選への出馬説を否定

記事一覧 2020.10.19 15:00

【ソウル聯合ニュース】韓国の丁世均(チョン・セギュン)首相は19日、来年4月のソウル市長選を巡り、与党「共に民主党」の公認候補として丁首相や鄭銀敬(チョン・ウンギョン)疾病管理庁長の名前が取り沙汰されているとの報道について、出馬しない考えを明確にした。

丁首相(資料写真)=(聯合ニュース)

 丁首相は側近らに「(地元の)鎮安の郡守として奉仕することはあってもソウル市長をやれるか」と漏らしたという。大統領選への出馬を念頭に置いているため、不快感を示したようだ。

 丁首相は国会議員6期を務め、産業資源部長官や国会議長などを歴任して内閣を率いており、ソウル市長選に挑戦することはレベルに合わないというのだ。

 共に民主党では丁首相の出馬説の出所として、最大野党「国民の力」側を疑っている。複数の人物が取り沙汰されている共に民主党とは異なり、国民の力は適切な候補がなく、同党が揺さぶりをかけているというのだ。

 国務総理室の関係者は「完全に小説のような話」と否定した。

kimchiboxs@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。