Go to Contents Go to Navigation

SKハイニックス 米インテルのNAND事業買収=業界2位に

経済 2020.10.20 10:25

【ソウル聯合ニュース】韓国の半導体大手SKハイニックスは20日、米インテルのNAND型フラッシュメモリー事業部門を10兆3104億ウォン(約9540億円)で買収する内容の譲渡・譲受契約を締結したと発表した。

SKハイニックス(資料写真)=(聯合ニュース)

 インテルのソリッド・ステート・ドライブ(SSD)事業部門とNAND型フラッシュメモリー単品およびウエハービジネス、中国・大連の生産施設を含むNAND型フラッシュメモリー事業部門全体を買収し、半導体メモリー部門の競争力強化を図る。

 SKハイニックスは現在、データの一時保存に使う半導体メモリーのDRAM部門では韓国のサムスンに次ぐ世界シェア2位につけているが、データを長期保存するNAND型フラッシュメモリー部門では2019年時点で世界5位。

 英調査会社オムディアによると、NAND型フラッシュメモリー市場の19年末現在のシェアはサムスンが35.9%で1位、SKハイニックスは9.9%、インテルは9.5%となっている。SKハイニックスはインテルの買収によりシェアが20%近くに拡大し、キオクシア(19.0%)を抑えてサムスンに次ぐ世界2位に浮上することになる。

 特に、インテルが強みとする企業向けSSDの市場では、サムスンを超え世界1位に立つ見通しだ。

 パソコンやサーバーの頭脳にあたるCPU(中央演算処理装置)を主力とする半導体メーカーのインテルはこれまで、相対的に競争力の劣るメモリー事業部門の整理を進めていた。米紙ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)は19日、SKハイニックスがインテルとメモリー事業の買収を巡る交渉を行っており、合意が近いと報じていた。

tnak51@yna.co.kr

ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。