Go to Contents Go to Navigation

国際旅客船利用客94%減 企業の廃業続くも公的支援は低調=韓国

経済 2020.10.20 14:09

【釜山聯合ニュース】韓日関係悪化や新型コロナウイルスの感染拡大などで国際旅客船の利用客が大幅に減少して韓国の旅客船会社が苦境に立たされている中、海洋振興公社による支援実績は低調だとの指摘が出ている。

利用客がまばらな旅客船の船内(資料写真)=(聯合ニュース)

 国会農林畜産食品海洋水産委員会所属の与党「共に民主党」の崔仁昊(チェ・インホ)国会議員が海洋水産部から提出を受けた資料によると、今年8月の国際旅客船の利用客は17万人で、前年同月(297万人)比94%減少し、国内旅客船の利用客も51%減少したと確認された。

 また昨年以降、計3社の旅客船会社が廃業。昨年は韓日高速海運(釜山―対馬)と新安農業協同組合(木浦―岩泰)が、今年はDBSクルーズフェリー(東海―ウラジオストク―境港)が廃業した。

 海洋振興公社は新型コロナウイルスの感染拡大以降、海運業の緊急支援策を講じ、今年8月までに中小の船舶会社に3240億ウォン(約300億円)を支援した。

 このうち貨物船会社が55件、3171億ウォン(98%)と大部分を占め、旅客船会社は4件、69億ウォンで支援規模全体の2.1%にとどまった。

 崔議員は「旅客船は貨物船に比べて担保価値が不足し、事業リスクも高いため一般の金融機関を利用するのがより困難な状況だ」とし、「新型コロナウイルスの感染拡大が鎮静化するまで海洋振興公社が一時的にでも特段の対策を講じなければならない」と述べた。

ynhrm@yna.co.kr

ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。