Go to Contents Go to Navigation

文大統領 1日に3回の首脳電話会談=WTO事務局長選の支持要請

記事一覧 2020.10.20 20:30

【ソウル聯合ニュース】韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は20日、ルクセンブルク、イタリアの首脳と相次いで電話会談し、世界貿易機関(WTO)事務局長選で最終の2人に残った産業通商資源部の兪明希(ユ・ミョンヒ)通商交渉本部長への支持を要請した。

ルクセンブルクのベッテル首相と電話会談する文大統領(青瓦台提供)=20日、ソウル(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 文大統領はこの日午後5時30分にルクセンブルクのベッテル首相と、午後6時にイタリアのコンテ首相と会談した。

 文大統領は「1~2次ラウンドでの兪本部長に対する欧州連合(EU)の支持に感謝する」とし、「次期事務局長はWTOを改革し、自由貿易体制を守り、多国間貿易体制の信頼を回復する能力を備えていなければならない」と述べた。また幅広い支持を受ける兪氏こそ、WTOの改革を成功させる最適任者とした。

 これに対しベッテル首相とコンテ首相は兪氏が最終ラウンドに残ったことを祝い、優れた能力と改革のビジョン、通商分野での豊富な経験を持つ兪氏の善戦を祈った。

 文大統領は午後10時にエジプトのシーシー大統領と電話会談し、兪氏への支持を要請する。

 兪氏の選出に向け総力を挙げて支援することを表明した文大統領は7月からニュージーランド、オーストラリア、ロシア、ドイツ、ブラジル、マレーシアの首脳らと電話会談し、兪氏の支持を要請してきた。

yugiri@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。