Go to Contents Go to Navigation

コロナ経済被害 韓国がOECDで最も少ない=IMF専務理事

記事一覧 2020.10.21 15:33

【世宗聯合ニュース】韓国の洪楠基(ホン・ナムギ)経済副首相兼企画財政部長官は21日、国際通貨基金(IMF)のゲオルギエバ専務理事とテレビ会談を行い、新型コロナウイルス感染症への韓国の対応を共有した。

ゲオルギエバ専務理事とテレビ会談する洪楠基副首相(企画財政部提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 企画財政部によると、ゲオルギエバ氏は、韓国は迅速な防疫対応が奏功して新型コロナによる経済被害が経済協力開発機構(OECD)加盟国のうち最も少なかったと評価した。韓国のコロナ対応を参考のためIMF加盟国と共有する考えも示したという。

 洪氏は、防疫と合わせ、1年に4回の補正予算を組むなど大胆な経済回復支援策を取ったことが被害の最小化につながったと説明した。また、新型コロナの感染状況が落ち着けば韓国を訪問してほしいとゲオルギエバ氏に求めた。

tnak51@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。