Go to Contents Go to Navigation

韓国と中国 通貨スワップ協定を5年延長=融通枠拡大

記事一覧 2020.10.22 17:12

【世宗聯合ニュース】韓国の企画財政部は22日、韓国銀行(中央銀行)と中国人民銀行が韓国ウォンと中国人民元の通貨交換(スワップ)協定の延長契約を締結したと発表した。2025年10月10日まで5年間延長した。

韓中が通貨交換協定を延長した(イラスト)=(聯合ニュース)

 融通枠は560億ドル(約5兆8500億円)から590億ドルに拡大された。

 通貨スワップは、金融危機時に相手国に自国の通貨を預け、相手国通貨や米ドルを受け取る取り決め。

 同部は延長契約について「両国の交易拡大、金融市場の安定、相手国に進出した金融機関の流動性支援などが目的」とし、「国際金融市場の変動性が高い時期に貿易代金を自国通貨で決済できるよう保障し、域内の金融安定に寄与するだろう」と期待を示した。

hjc@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。