Go to Contents Go to Navigation

インフル予防接種後に死亡 計25人に=韓国

社会・文化 2020.10.22 17:24

【ソウル聯合ニュース】韓国でインフルエンザの予防接種後の死亡者が相次いでいる中、ソウルでも初めて同様の事例が確認された。

インフルエンザの予防接種(資料写真)=(聯合ニュース)

 ソウル市関係者は22日、「ソウルでインフルエンザワクチン接種後に死亡した例が江南区と永登浦区で1件ずつ、計2件の報告があった」と明らかにした。

 死亡したのは江南区内の医療機関で接種を受けた80代の男性と、永登浦区内の医療機関で接種を受けた70代の男性。80代の男性には基礎疾患があったという。同じ会社が製造したワクチンを接種していたことが分かった。

 インフルエンザワクチンの接種後に死亡した人は計25人になった。16日にソウル郊外の仁川市を皮切りに、各地で死者が続出している。

yugiri@yna.co.kr

キーワード
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。