Go to Contents Go to Navigation

文大統領「世界最高のスマートシティ国家に」 25年まで9兆円超投資

記事一覧 2020.10.22 18:33

【ソウル聯合ニュース】韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は22日、仁川・松島のスマートシティ統合運営センターを訪問し、韓国版ニューディールの中心の一つであるスマートシティ推進の現況を視察した。

松島のスマートシティ統合運営センターで開かれた「韓国版ニューディール連係スマートシティ推進戦略報告大会」で発言する文大統領=22日、仁川(聯合ニュース)

 スマートシティは都市に情報通信技術(ICT)やビッグデータなどの新技術を組み合わせ、住居、交通、環境などの都市問題を解決するモデルで、松島は韓国で初めて都市管理にスマートシティ概念が導入された。

 文大統領は同地で開かれた「韓国版ニューディール連係スマートシティ推進戦略報告大会」で「スマートシティは避けられない都市の未来」とし、「今後は韓国版ニューディールで世界最高のスマートシティ国家として進みたい」と強調した。

 また、釜山市や世宗市などで運用中のスマートシティのモデル都市を紹介した上で、「実証されたスマート技術を今後、新都市を建設する際に適用していく」と表明。「世界のスマートシティ市場は2025年に8200億ドル(約85兆円)で年平均14%以上成長する見通しであり、われわれの新しい経済成長動力としても十分だ」とし、「政府は25年までにスマートシティ事業に10兆ウォン(約9200億円)を投資して、15万人以上の雇用を創出する」と述べた。 このような目標を達成するための3大戦略も提示した。文大統領は「スマートシティを全国的にさらに早く実現していく」とし、「今年末までにデータ統合プラットホームの普及を全国108の地方自治体に拡大し、全国民の60%がスマートシティを体感するようにする」とした。

 また「道路、鉄道など公共インフラをデジタル化する」とし、▼モノのインターネット(IoT)技術による公共インフラ管理▼22年までにロボット・ドローンを活用したスマート物流モデル都市造成▼25年までに100カ所のスマート物流センター設置▼27年までに人が操作しない完全自動運転(レベル4)の世界初の商用化――などの計画を示した。 

yugiri@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。