Go to Contents Go to Navigation

文大統領 WTO事務局長選でトップ外交加速化=カザフ・チリ首脳と電話会談

記事一覧 2020.10.22 22:07

【ソウル聯合ニュース】韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は22日、カザフスタンのトカエフ大統領、チリのピニェラ大統領とそれぞれ電話会談し、世界貿易機関(WTO)事務局長選で最終の2人に残った産業通商資源部の兪明希(ユ・ミョンヒ)通商交渉本部長への支持を要請した。

トカエフ大統領と電話会談する文大統領(青瓦台提供)=22日、ソウル(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 文大統領はこれまで13カ国の首脳と電話で会談し、兪氏への支持を呼び掛けた。今週に入ってはマレーシア(19日)、ルクセンブルク・イタリア・エジプト(20日)、インド・デンマーク(21日)の首相と電話会談し、兪氏の当選に向けた首脳外交を加速化させている。

 トカエフ大統領との会談では「WTOの次期事務局長は多国間貿易体制の信頼を回復させる力とビジョンを持つ候補が選出されることが重要」と強調。トカエフ大統領は兪氏が多くの国から幅広い支持を受けていると評価した。 

kimchiboxs@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。