Go to Contents Go to Navigation

韓国 けさのニュース(10月23日)

記事一覧 2020.10.23 10:00

◇新型コロナ再び拡大 感染者数100人台続く見通し

 韓国の首都圏をはじめ各地で新型コロナウイルスの集団感染が発生し、新規感染者数は連日100人以上を記録している。療養型病院や療養施設、リハビリ施設など高齢者が多い施設を中心に感染が広がり、感染者数の規模も次第に拡大している。政府が新型コロナウイルスの防疫対策「社会的距離の確保」のレベルを第2段階から第1段階に引き下げてから約10日が過ぎたが、感染の収束はおろか拡大の兆しを示しており、防疫当局の悩みが深まっている。

ソウル市内の保健所に設けられた新型コロナウイルスの専用診療所で、療養施設のスタッフらが検査を受けるために列を作っている(城北区提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

◇インフル予防接種後の死亡相次ぐも 専門家は「流行前に受けるべき」  

 インフルエンザ予防接種後に亡くなる人が相次いでいることで、今すぐ予防接種を受けるべきかどうかを巡って専門家の意見が分かれている。ただ、インフルエンザが流行する前に予防接種を受けるべきだとの点では一致している。医療界によると、インフルエンザは11月末から12月にかけて本格的な流行が始まるため、早ければ今月、遅くとも11月中旬までには予防接種を終えなければならない。ワクチン接種後、抗体ができて効果が表れるまでに2週間かかるためだ。

◇トットナム孫興ミンがELで1ゴール 今季9得点目

 サッカーのイングランド・プレミアリーグ、トットナムに所属する韓国代表の孫興ミン(ソン・フンミン)が23日(日本時間)、UEFAヨーロッパリーグ(EL)グループステージ第1節のLASK戦に途中出場し、1得点した。今季9得点目。孫はトットナムが2―0でリードする後半17分から出場し、同39分に追加点を決めた。ここ3試合連続でのゴール。チームは3―0で白星スタートした。

◇北朝鮮に射殺された男性の息子 文大統領に返信「約束信じる」

 北朝鮮軍に海上で射殺された韓国海洋水産部所属の公務員男性の息子が、文在寅(ムン・ジェイン)大統領に送った手紙への返事に対し再び手紙を送り、謝意を伝えた。射殺された男性の兄のイ・レジンさんがメディアに公開した手紙で、息子は「大統領の言葉と自ら対応に当たるという約束を信じる」とし、「父を失ったが、人となりを知っているので名誉まで失うことはない」とつづった。

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。