Go to Contents Go to Navigation

サムスン電子の李健熙会長が死去 世界有数のブランドに育てる

経済 2020.10.25 12:38

【ソウル聯合ニュース】韓国・サムスン電子を世界有数の企業に育てた同社会長の李健熙(イ・ゴンヒ)氏が25日、入院先のサムスンソウル病院で死去した。78歳だった。2014年5月に急性心筋梗塞で倒れ、治療を受けていた。同社によると葬儀は「簡素に家族葬で執り行う」という。

李健熙会長(資料写真)=(聯合ニュース)

 李健熙氏はサムスングループの創業者、李秉チョル(イ・ビョンチョル)氏の三男。早稲田大商学部などで学んだ後、父の死去に伴い1987年12月にサムスングループの会長に就任した。

 経営権を握った1990年代、付加価値の高い事業に集中するためにグループの主要事業を分離する作業に着手。93年にドイツで行った「新経営宣言」では「グローバル時代に合わせ変わらなければ永遠に二流だ。妻と子ども以外は全部変えよう」と述べ、常に変革を目指すサムスンのあり方を提示した。

 世界市場でも通用する質の良い製品をつくる努力と、半導体やパネルへの積極投資、販売台数で世界一となったスマートフォン(スマホ)事業での果敢な創意工夫でサムスンを世界有数の電子・電機メーカーに押し上げた。

 1987年に1兆ウォン(現在のレートで約930億円)だった時価総額を2012年には390兆ウォンと約40倍に成長させ、総資産500兆ウォンの巨大企業に育て上げた。06年には世界のテレビ市場でソニーを抑えてトップとなり、スマホ市場でも米アップルを抑えて首位に立つ。また、半導体メモリーなど約20品目で世界1位の座を獲得した。

 一方で、弁護士による同グループの不正蓄財疑惑暴露に端を発した不正資金事件で2008年に特別検察の捜査を受け、背任などの罪で在宅起訴されると、会長職を退いた。平昌冬季五輪(18年開催)招致に向け国際オリンピック委員会(IOC)委員を務める李氏の赦免を求める財界・スポーツ界の嘆願を受けて赦免された李氏は10年に経営に復帰。五輪招致を成功させるとともに、グループの組織再編や新たな飛躍に総力を挙げた。

ikasumi@yna.co.kr

ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。