Go to Contents Go to Navigation

サムスン順法監視委「遺志実現へ支えの役割果たす」 李健熙会長死去で

記事一覧 2020.10.25 14:41

【ソウル聯合ニュース】韓国サムスングループの順法監視委員会は25日、サムスン電子の李健熙(イ・ゴンヒ)会長が同日死去したことを受け、「サムスンの望ましい順法文化の定着が必ず必要であり、これは故人が残した課題」だとして、「故人の遺志が真に実現するよう委員会が支えの役割を果たす」と表明した。

サムスン順法監視委員会=(聯合ニュースTV)

 サムスン順法監視委員会は、今年2月に発足した外部委員らによる監視機関。前大統領の朴槿恵(パク・クネ)被告への贈賄罪などに問われたグループ経営トップ、李在鎔(イ・ジェヨン)サムスン電子副会長の差し戻し審を担当したソウル高裁の判事が昨年10月に順法監視制度を導入するよう求めたことを受け設置された。

ikasumi@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。