Go to Contents Go to Navigation

サムスン会長死去 IOCが哀悼の声明=「五輪に大きく貢献」

記事一覧 2020.10.26 09:29

【ソウル聯合ニュース】韓国・サムスン電子の李健熙(イ・ゴンヒ)会長が25日に死去したことを受け、国際オリンピック委員会(IOC)が李氏を哀悼する声明を出した。

IOC本部=(EPA=聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 IOCのバッハ会長は李氏について「サムスンはIOCとのトップパートナー契約で五輪を支援するとともに世界に広めて五輪に大きく貢献し、五輪を成功に導いた」と評価。「故人の五輪遺産は永遠に続く。故人を追悼するため、IOC本部は弔旗を掲揚する」と明らかにした。

 IOCは李氏が高校時代、レスリング部だった縁で1982~97年、大韓レスリング協会長を務め、韓国オリンピック委員会(KOC)副委員長などを歴任したと説明。1996年にIOC委員に選出され、2014年に急性心筋梗塞で倒れて闘病中だった2017年にIOC委員から退き、名誉委員になったと紹介した。

 サムスンは1998年の長野冬季五輪から最高レベルのスポンサーを務めている。契約を2回延長し、2028年のロサンゼルス大会まで五輪をサポートする。

kimchiboxs@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。