Go to Contents Go to Navigation

李健熙氏死去 韓国与党代表が弔問「サムスンが国の地位高めた」

記事一覧 2020.10.26 13:29

【ソウル聯合ニュース】韓国与党「共に民主党」代表の李洛淵(イ・ナギョン)前首相が26日、前日に死去したサムスン電子の李健熙(イ・ゴンヒ)会長の葬儀場を訪れ、故人の死を悼んだ。

国会で開かれた最高委員会議で発言する李洛淵氏=26日、ソウル(聯合ニュース)

 李氏はこの日午前、李会長の遺体が安置されているサムスンソウル病院の葬儀場を訪れ、遺族に弔意を伝えた。

 弔問後、報道陣に対し「故人は普通の人には想像もできない卓越した革新のリーダーシップでサムスンを世界的企業に育てた」とし、「国の地位と国民の自信まで高めてくれたことに感謝する」と述べた。 

ynhrm@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。