Go to Contents Go to Navigation

汚染水問題 「日本の領土内で行われる事案」=韓国外相

記事一覧 2020.10.26 14:14

【ソウル聯合ニュース】韓国の康京和(カン・ギョンファ)外交部長官は26日、東京電力福島第1原発の処理済み汚染水(日本政府の名称は「処理水」)の海洋放出問題について、「日本の主権的な領土内で行われる事案」として、「わが国民の安全に影響を与える可能性があるため、(日本に)情報を要請する権利があると思う」と述べた。外交部などに対する国会外交統一委員会の国政監査で答弁した。

国政監査で答弁する康氏=26日、ソウル(聯合ニュース)

 康氏は汚染水問題を「鋭意注視している」とし、「日本側に透明性をもった情報共有を要請しながら国務調整室を中心に対応している」と説明した。

 外交部の具体的な対応に関しては、「国民が非常に懸念していることを十分承知している」と説明。「(日本との)次官級(協議)は数回だが、局長級は15回くらい行った」とした上で、「汚染水問題を本格的に取り扱ったのは2019年8月(から)だと記憶しているが、不十分な点があるという指摘を受け入れ、国益のため努力する」と述べた。

kimchiboxs@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。