Go to Contents Go to Navigation

インフル予防接種 「拡充すべき」=文大統領

記事一覧 2020.10.26 17:12

【ソウル聯合ニュース】韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は26日、青瓦台(大統領府)で開かれた首席秘書官・補佐官会議で、国内でインフルエンザの予防接種後の死亡者が相次ぎ、副作用に関する議論が起きていることに関連し、「(死亡者の)解剖と総合的な判断の結果、(死因と)予防接種の直接的な因果関係がないことが確認された」と述べた。

首席秘書官・補佐官会議を主宰する文大統領=26日、ソウル(聯合ニュース)

 文大統領は「今年はインフルエンザと新型コロナウイルスの同時流行を防ぐため予防接種をさらに拡充しなければならない」と強調。保健当局が専門家とともに検討し下した結論と発表を信頼してほしいとした上で、予防接種の時期を逃しインフルエンザにかかるというさらに大きな危険がもたらされることがないよう望むと述べた。

 一方、新型コロナウイルスの感染拡大については「欧州などで非常措置が強化されているが、わが国は防疫措置を緩和する特別かつ例外的な国になった」とし、防疫体系が効果的に作動していると評価した。

hjc@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。