Go to Contents Go to Navigation

韓国野党 日本大使館に抗議書簡=汚染水の海洋放出計画巡り

記事一覧 2020.10.26 17:04

【ソウル聯合ニュース】韓国の革新系野党「正義党」の柳好貞(リュ・ホジョン)国会議員らは26日、ソウルの日本大使館を訪れ、東京電力福島第1原発の処理済み汚染水の海洋放出計画に抗議する書簡を手渡した。

書簡を手渡した後、日本大使館が入っているビルの前で会見する柳氏(右から3人目)ら=26日、ソウル(聯合ニュース)

 正義党によると、柳氏らは同大使館の相馬弘尚総括公使と面会。「汚染水の放出に多くの懸念がある」として、「書簡は正義党だけでなく、韓国の国民の懸念の声を盛り込んだもの」と述べ、海洋放出計画を断念するよう要請した。

 正義党の丁皓真(チョン・ホジン)首席報道官は「正義党は汚染水放出に関連する日本政府の対応を注視する」として、「日本政府が人類全体の安全と生命を優先させ、汚染水について判断することを促す」と述べた。

kimchiboxs@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。