Go to Contents Go to Navigation

韓国7~9月期の成長率1.9% 3期ぶりプラスに

経済 2020.10.27 09:10

【ソウル聯合ニュース】韓国銀行(中央銀行)が27日発表した7~9月期の実質国内総生産(GDP、速報値)は前期比1.9%増加した。新型コロナウイルス感染症の打撃を受け、1~3月期(1.3%減)と4~6月期(3.2%減)は2四半期連続でマイナスだった。特に4~6月期はリーマン・ショック直後の2008年10~12月期(3.3%減)以来の低水準。こうした前期の反動も大きく、7~9月期はプラスに転じた。これを弾みに下半期の景気回復を期待する声も上がっている。

実質GDPの前期比成長率=(聯合ニュース)
韓国7~9月期の成長率1.9% 3期ぶりプラスに - 2

 前年同期比の7~9月期のGDPは1.3%減少したが、4~6月期(2.7%減)に比べるとマイナス幅は縮小した。

 7~9月期は、韓国経済を支える輸出が前期比15.6%と大幅に伸びた。自動車と半導体がけん引役となり、1963年10~12月期(24.0%減)以来の落ち込み幅だった前期(16.1%減)から持ち直した。輸入も原油や化学製品などを中心に4.9%増加した。

 設備投資は機械類や輸送用機械などを中心に6.7%増えた。

 一方、民間消費は衣料など半耐久財が振るわず、0.1%減少した。建設投資も土木の縮小などが響き7.8%減少した。

 生産活動をみると、製造業は7.6%増加した。サービス業も0.7%増で、このうち医療保健・社会福祉(3.8%増)と運輸(3.3%増)、金融・保険(1.9%増)の増加率は全体のGDP成長率以上だった。その半面、電気・ガス・水道事業(7.4%減)と建設(5.5%減)は減少した。

 実質国内総所得(GDI)は前期比2.5%の増加に転じた。交易条件が改善し、実質GDPの伸びを上回った。

mgk1202@yna.co.kr

最新ニュース 経済
more
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。