Go to Contents Go to Navigation

韓日海峡沿岸8自治体首長がテレビ会議開催へ コロナ危機克服を模索

韓日関係 2020.10.27 11:23

【釜山聯合ニュース】海峡を挟んで向かい合う韓国南岸と日本の九州北部・山口県の8自治体首長が27日午後、テレビ会議を行う。新型コロナウイルスによる危機的な状況に対し、強い連帯感を持ち、共に乗り越えていく意向を確認する見通しだ。

韓国と日本の両政府は今月初め、ビジネス関係者の入国制限緩和で合意した(資料写真)=(聯合ニュース)

 「韓日海峡沿岸県市道交流知事会議」のメンバーである韓国の釜山広域市と慶尚南道、全羅南道、済州特別自治道、日本の福岡県、長崎県、佐賀県、山口県の首長が出席する。新型コロナウイルスの感染予防策など具体的な対応事例を発表し、課題を踏まえた上で共同声明を採択する予定だ。

 釜山市は、新型コロナウイルスに対する多様な防疫と地域経済の活性化を両立させる政策を紹介する。また、同市の辺城完(ピョン・ソンワン)市長権限代行はこの会議を機に、東京電力福島第1原発の処理済み汚染水の海洋放出計画に対する釜山市民の懸念の声を伝える予定だという。 

 韓日海峡知事会議は1992年に発足し、毎年1回、各自治体の持ち回りで開催してきた。29回目の今年は慶尚南道で開催予定だったが、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて正式開催は来年に持ち越された。

mgk1202@yna.co.kr

キーワード
最新ニュース 韓日関係
more
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。