Go to Contents Go to Navigation

李健熙サムスン電子会長 芸術・スポーツ界からも弔問相次ぐ

記事一覧 2020.10.27 17:53

【ソウル聯合ニュース】25日に死去した韓国・サムスン電子の李健熙(イ・ゴンヒ)会長の葬儀場に、芸術・スポーツ界の関係者らも弔問に訪れている。李氏は生前、芸術・スポーツ分野に大きな関心を持ち、後援を続けていた。

チョン・キョンファさん(資料写真)=(聯合ニュース)

 クラシック界を代表するバイオリニスト、チョン・キョンファさん(72)は27日午前、葬儀場が設けられたサムスンソウル病院を訪れて弔問した。

 チョンさんは2011年、李氏の父でサムスングループの創業者、李秉チョル(イ・ビョンチョル)氏をたたえて作られた湖巌財団の湖巌賞芸術賞を受賞した。

 世界的に活躍するピアニストのチョ・ソンジンさん(26)も弔問に訪れた。

 また、大韓レスリング協会会長、国際オリンピック委員会(IOC)委員として活動するなどスポーツにも造詣の深かった李会長を悼み、スポーツ関係者も相次いで弔問に訪れた。

 この日午前には大韓体育会の李起興(イ・ギフン)会長が、前日には卓球韓国代表を務めた柳承敏(ユ・スンミン)IOC選手委員が訪れて哀悼した。

 高校時代にレスリング部だった李氏は、1982~97年に大韓レスリング協会会長を務め、96年にはIOC委員に選出された。李氏のスポーツ外交は、平昌冬季五輪の招致に貢献したと評価されている。

 IOCは先ごろ李氏を哀悼する声明を出し、スイス・ローザンヌのIOC本部に弔旗を掲揚することを決めた。

ynhrm@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。