Go to Contents Go to Navigation

故サムスン李健熙氏 在任中のグループ資産が約73兆円増

記事一覧 2020.10.28 08:59

【ソウル聯合ニュース】韓国の企業情報サイト、CEOスコアが国内10大グループの創業家2・3代目の会長の在任期間(2019年決算ベース)のグループの資産と売上高の変化を調査した結果、資産は計1742兆ウォン(161兆円、713.8%)、売上高は865兆ウォン(411.6%)増えた。このうち、韓国最大グループのサムスンの資産は故李健熙(イ・ゴンヒ)会長の在任中に790兆ウォン以上増加。最も大きな成長を成し遂げた。

故李健熙氏=(聯合ニュースTV)

 李氏がトップに就任した1987年、サムスンの資産は10兆ウォン水準だったが、2019年には803兆ウォンと793兆ウォン(7620.3%)増加した。系列会社の数は37社から59社に増えた。李氏は半導体をはじめ、家電製品、携帯電話などの市場でサムスンを世界最大の企業に成長させ、IT大国の礎を築いた。

 現代自動車グループの資産は鄭夢九(チョン・モング)名誉会長がトップに就任した2000年の38兆ウォンから290兆ウォンに増加した。

 ハンファグループは金昇淵(キム・スンヨン)会長の1981年の就任後、約7550億ウォンから206兆ウォンに、SKグループは崔泰源(チェ・テウォン)会長が就任した1998年の34兆ウォンから225兆ウォンにそれぞれ増えた。両氏は合併・買収(M&A)を通じてグループの規模を拡大した。

 LGグループは故具本茂(ク・ボンム)会長時代の1994年から2017年に、28兆ウォンから123兆ウォンに伸びた。

kimchiboxs@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。