Go to Contents Go to Navigation

サムスン電子 7~9月期売上高が過去最高の6兆円超

経済 2020.10.29 10:56

【ソウル聯合ニュース】韓国のサムスン電子が29日発表した7~9月期の連結決算によると、売上高が66兆9600億ウォン(約6兆1610億円)で、四半期として過去最高となった。新型コロナウイルスのペントアップ需要(抑制されていた需要)を追い風にスマートフォンやテレビ、家電の業績が大きく改善したほか、主力の半導体が好調だった。本業のもうけを示す営業利益は前年同期比58.8%増の12兆3500億ウォン。

サムスン電子の7~9月期の売上高が過去最高となった=(聯合ニュースTV)

 四半期ベースでこれまで売上高が最も高かったのは2017年10~12月期で、65兆9800億ウォンだった。

 四半期の営業利益が10兆ウォンを超えるのは半導体が「スーパーサイクル」と呼ばれる好況期だった18年10~12月期(10兆8000億ウォン)以降初めてで、同年7~9月期(17兆5700億ウォン)以来の高水準となる。

 スマートフォン事業を担うIT・モバイル(IM)部門の営業利益は4兆4500億ウォン、テレビ・家電(CE)は1兆5600億ウォン、半導体は5兆5400億ウォン、ディスプレーは4700億ウォンなど、全部門が好調だった。

 専門家らは10~12月期の業績は7~9月期に比べやや鈍化するとの見通しを示している。米国による中国の通信機器最大手、華為技術(ファーウェイ)への制裁が9月から本格化し、サムスンの大口取引先の一つであるファーウェイに対する半導体の供給が中断したほか、サーバー用DRAM(半導体メモリー)の価格下落も予想されるためだ。米アップルの新製品発売などにより、マーケティング費用も増えるとみられる。

kimchiboxs@yna.co.kr

キーワード
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。