Go to Contents Go to Navigation

故サムスン会長の「功労大きい」8割超 「過ち大きい」半数=韓国調査

記事一覧 2020.10.29 11:43

【ソウル聯合ニュース】韓国世論調査会社のリアルメーターが29日に発表した調査結果によると、25日に死去した韓国・サムスン電子の李健熙(イ・ゴンヒ)会長が韓国社会に寄与した功労について、84.3%が「功労が大きい」と回答した。「功労が大きくない」は11.5%にとどまった。

生前の李健熙氏(資料写真)=(聯合ニュース)

 一方、李氏の過ちについては「過ちが大きい」との回答が49.2%、「大きくない」が43.2%で拮抗(きっこう)した。

 保守層は60.5%が「過ちが大きくない」と回答したのに対し、進歩(革新)層は67.4%が「過ちが大きい」と答えた。

 韓国の大企業や財閥を巡っては国の経済発展に寄与したとの評価がある一方、権力と癒着した不正なども問題になっている。

 調査はオーマイニュースの依頼を受け、27~28日に全国の18歳以上の1000人を対象に実施された。

tnak51@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。