Go to Contents Go to Navigation

LG化学のバッテリー事業分社化決定 EV電池で世界トップへ 

記事一覧 2020.10.30 16:06

【ソウル聯合ニュース】韓国・LG化学は30日、ソウルで開いた株主総会でバッテリー(電池)事業の分社化案が承認されたと発表した。

株主総会の様子(LG化学提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 同社は20日から29日まで、分社化案の賛否を問う電子投票を実施。大株主の国民年金が分割に反対意見を表明したことで緊張が走ったが、多くの外国人投資家や機関投資家が賛成票を投じて可決された。

 投票の参加率は77.5%で、このうち82.3%と圧倒的多数が賛成した。

 LG化学の株式は、LGグループの持ち株会社「LG」など主要株主が30%、国民年金が10.20%、外国人投資家が40%、国内の機関投資家が8%を保有しているとされる。

 分社化案が承認されたことで、LG化学は12月1日にバッテリー事業を専門に手掛ける100%子会社「LGエネルギーソリューション(仮称)」を発足させる。

会場に入る株主ら=30日、ソウル(聯合ニュース)

 同社がバッテリー事業の分社化を決めたのは、電気自動車(EV)のバッテリー事業が急成長している中、年間3兆ウォン(約2760億円)以上に上る設備投資費用を捻出するためだ。

 EVのバッテリー工場の設備投資が増えてLG化学の借入金は8兆ウォンに達し、負債比率は100%を超えた。

 同社の辛学チョル(シン・ハクチョル)副会長は、「電池事業における構造的なシステム構築による競争力確保のため、分社化を決定した」と説明した。

 LG化学は今後、新会社への投資を拡大。バッテリーを中心として24年までに売上高30兆ウォンの世界トップのエネルギーソリューション企業に育成する計画だ。

 また、バッテリーの製造・販売だけでなくアフターケアやリース、充電、リサイクルなど多様なサービスを提供し、差別化された競争力を備えた企業に育てる方針だ。

 辛副会長は「今回の分社化を機に、LG化学は今後バランスの取れた事業ポートフォリオを備えた『グローバルトップ5化学企業』に成長する」と述べた。

LG化学の本社が入るソウル・汝矣島のLGツインタワー(資料写真)=(聯合ニュース)

ynhrm@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。