Go to Contents Go to Navigation

韓国与党 来年のソウル・釜山市長補選に候補擁立へ=党員賛成87%

記事一覧 2020.11.02 13:36

【ソウル聯合ニュース】韓国の与党「共に民主党」は2日、来年4月のソウル、釜山の市長補欠選挙に公認候補を擁立する方針を決めた。先月31日と今月1日に党費を納める権利党員を対象に投票を行った結果、80万3959人中21万1804人(26.35%)が参加し、86.64%が党憲の改正と候補擁立に賛成した。

共に民主党の李代表(資料写真)=(聯合ニュース)

 現行の党憲では「党所属の選出職の公職者が不正腐敗など重大な過ちで職を失い、再・補欠選を行う場合、当該選挙区に候補を推薦しない」と定めている。故朴元淳(パク・ウォンスン)前ソウル市長は元秘書からセクハラで告訴され、呉巨敦(オ・ゴドン)前釜山市長も職員に対するセクハラ疑惑で辞任したため、両氏が所属した同党は両選挙区に候補を出せない。

 だが、2022年の大統領選を控え、有権者の多いソウルと釜山の市長選への候補擁立は不可避との声が強まり、同党の李洛淵(イ・ナギョン)代表が先月29日、「候補を擁立し、市民の審判を受けることが責任のある道理だと考える」として、候補を擁立する姿勢を表明。「党員投票で(候補擁立を)決められる」との条項を加える党憲の改正を党員投票にかけた。

 今回の投票結果により、2015年に文在寅(ムン・ジェイン)代表時代に政治革新の一環として導入した党の原則は廃止に追い込まれた。

 最大野党「国民の力」の金鍾仁(キム・ジョンイン)非常対策委員長は「国民に対する約束を党員投票だけで覆すことが妥当なのか」と指摘。「国民の党」の安哲秀(アン・チョルス)代表は候補を擁立するなら、執行部がソウル都心の光化門広場で朴元淳氏と呉巨敦氏の性犯罪について国民に謝罪しなければならないと批判するなど、野党陣営は強く反発している。

kimchiboxs@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。